PORNO GRAFFITTI◆TEAM NACS


by akhrlove
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

横浜ロマンスポルノ08~10イヤーズギフト~

レポします!
あ~帰ってきたくなかった!!
ポルノありがとう!









お昼にこっちを出発し、スタジアムに着いたのが3時過ぎごろ。
駅に着いた瞬間、ポルノTシャツを発見。
スタジアムがどっちかわからないなんてことはありませんでした。
だってその周辺、グッズを持った人たちであふれかえってましたから。
横浜公園に入り、グッズ売り場発見!
長蛇の列です!スタッフさん(微妙に上地似)に聞いたところ最後尾は1時間待ち。
しかし、その頃にはもうすでにシャツとタオルは完売。
結局本命のタオルを買わずにライブに挑むことになってしまいました。

何もすることもないので早速会場内へ。
ここで気になるのはもちろん自分たちの席の場所!
グランドに入るときは、再びスタッフにチケットを見せないといけないという徹底ぶり。感心。
そして見つけたBブロック・・・・・・。
近い!!!!!めちゃくちゃ近い!!!!!!近いやないかい!!
友達とふたりで叫びまくりました。
その距離、ステージまでおよそ10メートル。
やばい。近い。近すぎる!!!!!!!
まさかこんなに近くで見れるなんて!聞けるなんて!!
だって3万人でしょ!?3万人分の何人がこんなに近い席で飛んだりはねたりできますか!?
それを考えたとき、私はすべての運を使い果たしたことに気づいたのでした。
FCUWはいちばん後ろかも。

まあ早く会場入りしすぎたんで暇ですわ。
ケンタッキーでポテトを買って、入口でもらったディスクガレージのチラシなんかに目を通していると、BESTの広告。
収録曲ももう発表なんだね、へぇ~。
ステージセットを眺める。
「ポルノグラフィティ」というSound Factoryができてもう9年。
そのSound Factoryをモチーフにしたセットでした。
両側に本物のクレーンがあって、ところどころから煙がプシューと。
ディズニーのアトラクションのような感じでした。

だんだんと会場も埋まってまいりました。
その様子が巨大モニターに映ります。
画面右上に、キャラクターが。おととしのハネウマちゃん?のような感じなんでしょう。
そのキャラクター「ツチキコージ(土木工事)」が客いじりを始めます。
あまりにもいじられ上手でノリのいい人が結構いたので「仕込み?」とかいう声を聞きましたが、あくまでもそんなのは信じません(笑
ツチキコージのおかげでテンションもあがったのでそれでいいんです!
あの煽りは最高でしたよツチキさん!
たびたび「シンドウ課長」とか「平社員のオカノ」なんかを入れてくるあたり、ファン心理をよくわかっていらっしゃる。

ツチキコージの客いじりも終わり、あとはメンバー登場を待つのみ。
長かった~。
どんだけ焦らすのよ!!
ずーっと巨大モニターでロマポルのロゴが踊ってるのを今か今かと待っているあの状況。
いつまでも待てます!
そして!曲とか変わってスモークも多くなっていよいよ!!
どっから来る!?と探していたら友達に肩をバシバシ叩かれ、振り向いて見ると、

なんと目の前に昭仁さん!!

私たちの席はステージ向かって結構左寄りだったので、真ん中から登場すると思ってずっとステージ中央見ていたら、目の前に昭仁さん!!
ちょうどまん前なんですよ!

初めて生で見る昭仁さんは、テレビで見るのとなんら変わらず。
かっこよかった。
髪が短くなって茶髪になってたんで若く見えました。昔に戻った不思議な感じ。
衣装に少しびっくりですよ。
真っ赤のジャケットに真っ赤のズボン。
全身真っ赤での登場です。

晴一さんはどこから来るのかと見ていると、普通にステージ中央からじわ~っと。
登場してすぐ曲だったんで、もうギターの準備してました。
ジャケットは黒だったかな?ズボンは青。
晴一さんもかっこよかったですよ~。
すぐそこで弾いてるんだ~と思うと感慨深いものがありました。

サポメンは、
パーカッション◇三沢またろうさん(初)
ヴァイオリン◇NAOTOさん
ベース◇根岸さん
ドラム◇松永さん
キーボード◇本間さん
マニピュレーター◇なんちゃん
森男さんやただすけさんやポンプさんはもう出ないの?

セットリストとか書いていいんですかね?
順番覚えてないから曲名だけです。反転↓


ライオン:1曲目!これでライブスタート。意外でした。でも聞けてうれしかった。ポルノの元祖を見た気がします。
ヒトリノ夜
ポストマン
痛い立ち位置
ベアーズ:昭仁さんがこっちまで来ました!3万人のワイパーはやばかった。2番サビで歌詞間違えて「♪歌詞を間違えた~」って歌ってたけど、そんなの関係ねぇ!
グラヴィティ:感動もん。ぐっと引き込まれました。
We love us:いっしょに歌ったり。
愛が呼ぶほうへ:1番は晴一さんのアコギと昭仁さんの歌だけ。
ヴォイス:歌詞間違いがひどいのが否めない。ちょっと冷めた。
チェケラ:昭仁さんがこちらまで!
Report21:「久しぶりに歌う曲」「当時まだ21世紀になってなかった」
Heart Beat
アゲハ蝶:スタジアム中央に特設ステージがあって、そこに全員が移動しての演奏。かなりエキゾチック。火なんか焚いたり。手拍子難しかったなあ
リンク
横浜リリー:横浜で横浜リリーが聞けるなんて・・・。これものめりこんじゃいました。
カルマの坂:「人間の傲や欲が表現された重い曲」「当時まだ若かったので曲を表現しきれていなかった」等の説明が。中央の特設ステージに昭仁さんひとり。やばいっすね。この曲には鳥肌が立ちました。1番はゆっくりゆっくり、歌詞をかみ締めるように歌い、2番は普通のテンポで。今回のライブの中でいちばん印象的。
メリッサ:ノリノリ。
Mアワ:いちばんはしゃいだ曲。変な踊りには気合がはいりました。チラチラとアリーナを見てみると、みんな変な踊りしてる!方向もぴったりだからすごかった!
ハネウマ:テープ飛んできましたよ!金のテープ!ロゴが入ったやつ。すかさずキャッチ!もうタオル振り回すというか腕を振り回してました。
ギフト:この曲だけ歌詞(というか単語)が表示されました。やっぱりいい曲。印象的。
ダイアリー08/06/09:「今の僕たちをあらわしている曲」晴一さんとふたりで真ん中の特設ステージで。最後のラララをみんなで。感動的ですね。
Love,too Death,too:新曲。初めて聞きました。なぜか広瀬香美さんを思い出しました。
アポロ:「僕らのデビュー曲を」
Please say yes,yes,yes:アポロで終わりかと思っていたのでかなりさけびました。楽しかったなあ~。ただただ楽しかった。



24曲ですか。
もう「楽しかった」としか。
夢のような3時間でした。
ほんとに3時間だったのかな?1時間ぐらいに感じたけど。
昭仁ー!って3回、晴一ー!って1回、NAOTOさーん!って1回叫んだ。
こんなにも幸せな気分になれるんだね、ライブって。
自然と体がリズムに乗って、止まらなかったもんね。
止まってなんかいられない。

花火と炎がすごかった。
炎が熱い熱い。10m先にいるのに。
メンバー火傷すんじゃねえか?

最後のメンバー紹介でまたしてもなんちゃんが何か用意してくれました。
「3万人の歓声を僕にください」みたいなプレートを持っていたのでみんな大きな拍手。
すると、どこかから大きくて黄色い「Boo」と書かれている親指が下向きの手を持ってきて「Boo~!ってやって!」みたいなことをしたので、みんなでなんちゃんにBoo~。
なんちゃん、自分でブーイングの嵐を(笑
とても満足そうにしておられましたよ。

そして、最後の生声あいさつ。
3万人が一気に静かになります。すごい静寂。
晴一さん「お前ら好きだーーーーーーーー!」
昭仁さん「また会おうねーーーーーーーー!」
生声って、きますね。
「自信持っていけよ!胸張っていけよ!」も結構きましたけど、生声ってほんとにその場にいないと聞けないし。
そういえばふたりの「声」って、デジタル機器を通してしか聞いたことなかったな。
生で見るってことも感動もんだけど、実際見てても画面の中にいるように思える。遠いし。
ルミネ・ザ・よしもと行ってオリラジ見たり、ダイノジ見たり、タカトシ見たりしたけど、今となっては「この人たちを生で見た」って感覚はないよ。
声ってすばらしいね。音っていいね。光、目の前の光景より、音なんだね。


MCなんですが、よく覚えてないんですよね。
昭仁さんはよく「スケールのでかい」って言葉を使ってました。
あと、ありがとう、ありがとう、って何度もおっしゃってました。ふたりとも。

昭仁さんのまとまりのない話(笑)のあと、晴一さんが衣装の話を。
晴一:(今昭仁さんがした話とは)つながりのない話じゃけどいい?
昭仁:ええよ。
晴一:衣装どーしようかなーと思っとって、お前が真っ赤なスーツ選んでたからわしこれにしようって着たら、今おそろいみたいになっとるね。
(晴一さんも昭仁さんも、ジャケットを脱いだので上は白いTシャツ。晴一さんは顔、昭仁さんは「THE TRIP」の文字が、それぞれ黒で入っているもの。)
晴一:ジャニーズみたいな・・・
昭仁:実はわしもリハーサルんとき気づいとった(笑
晴一:気づいとったんじゃ(笑)なんか、ガチャピンとムックみたいじゃからわし緑着ようかな・・・
昭仁:ガチャピンがどっち?
晴一:ムックが緑でガチャピンが赤よ。だからわしはムック。
(「ん?逆逆!」と思ったお客さんから一斉に「ガチャピン!」と訂正がはいる。)
晴一:・・・ガチャピン?ああ、だからお前ガチャピンよ。・・・・・・・え?あ!ガチャピンが緑か!でお前ムックじゃ!
昭仁:なんちゅう話をしとるんよ(笑)
晴一:わしがガチャピンじゃったら、わしがリーダー格みたいになるね。

たぶん、どのセリフも合ってないです。
私の脳内で再合成されて出てきたものなので(笑
MCはほかの方のレポ参照!


最後の曲など賛否両論ありますが、参戦できただけうれしいので贅沢は言いません!
うさぎちゃんは昭仁さんがやめないと、みんなやるんじゃないかな。

最高の時を過ごさせてくれたポルノに感謝。
ありがとう!
[PR]
by akhrlove | 2008-09-07 16:05 | ポルノグラフィティ